ジネコの歩み 

ジネコの歴史をまとめてみました。

2000~2004『創成期』

2000

1月15日 WEBサイト「ジネコ」https://www.jineko.net開設

検索エンジン最適化(SEO)の実験の場として、ボブ・レナス氏監修の元『女性のための健康生活ガイド ジネコ』を開設。掲示板を、女性が集まり語る場所と設定し『彼女たちの広場』を命名。また、当時は、都内にあるクリニックの情報をユーザー目線で集めることから始まった。WEBサービスとしても、情報量・デザイン共にインターネット創成期とはいえ、未熟さが見える。

2001

5月某日 通販サイト「彼女たちの店」を開始。

インターネットショッピングが勢いを付けてきたこのころ、ジネコでもショッピングサービスを開始。しかし、ジネコで売りたいという商品ばかり並べて皆さんの意見を聞いていなかったため全く売れず、1年も経たずに閉鎖。

2002

9月某日 クリニックの口コミサービス「全国婦人科評価リスト」をスタート。

ジネコユーザーからのご要望に応えて始めたサービス。クリニックジネコと名を変えて上々の滑り出し。ところが、匿名投稿のため誹謗中傷や、正確性を欠く情報がが多く、医療情報として正しい評価ができないと判断し、2004年に中止。画像は2003年6月のジネコ。クリニックジネコがご確認いただけます。

2005~2009『ユーザーの声と共に』

2005

10月15日​ コミュニティサイト「SNSジネコ」開設​

「ジネコの掲示板でお話しているユーザーと直接話をしてみたい!」という声を受け、SNSジネコを開設。この頃、ジネコユーザーを自ら『ジネラー』と呼ぶようになり、ジネコの世界観が確立。この後、全国で頻繁にオフ会が行われるようになり、スタッフにユーザーの声が届きやすい環境となる。
2006
7月1日 ジネコリニューアル
ユーザー数の増加に伴い、広場に投稿される内容が多岐にわたるようになる。それに伴い、広場をコンテンツごとに分けて欲しいという声が届き、その声に応える形でりニューアル。この頃から、サポーター企業様のご理解の元、プロモーション案件も増えてきてバナースペースも増えてくる傾向にあった。

2007

2月3日 ジネコプチリニューアル

バナースペースの増加に伴い、TOPページのお知らせ欄を拡大し、サポーター企業様にご活用頂こうとプチリニューアルを行う。だが、結果として、ジネコのTOPページに来た時に広場が見れないという点で、ユーザーのお叱りが多かったリニューアルとなる。改めて、ユーザー目線の大切さを知る。

3月6日​ 株式会社バズラボ設立

バズりを研究していこう!!との考えで、『株式会社バズラボ』を設立。ジネコで培ったノウハウを他の企業様へお届けするサービスを開始。

​​4月10日 ​ドクター、コメディカルへの取材を開始

中心はジネコ!ユーザーからの「ドクターへ質問してみたい!」という声に応え、インタビュー取材を開始。

6月某日 オフ会で、雑誌を作って!という声を聞く。

大阪のオフ会で、「ジネコは何をしたらいいですか?」と聞いたところ、「雑誌作ってみたら?わたし買ってあげるよ!」というご意見を頂く。スタッフ間では、「雑誌なんて作れないよ…」という諦めかけた雰囲気が漂う中、必要とされている以上は、挑戦してみよう!情報だけでも集めてみよう!と急に気分が変わる。

7月某日 どんな情報が欲しいのか?ユーザーに聞いてみる

雑誌なんて作ったことがない中、せめてどんな情報が欲しいのか?ユーザーの声を聞いてみることに。最低でもWEBの中で欲しい情報を展開することを目指す。

ユーザーの声をドクターにぶつけてみた

ユーザーのニーズは、「どんな治療を受けたらいいのか?」「どこのクリニックがいいのか?」大きく分けて2つに絞られたので、ドクターに当たって砕けろで持っていってみたところ、「インターネット上に間違った情報が溢れていて、いい迷惑だ!それを正したい!そもそも、そういう迷惑行為をしているのは、君たちジネコだろ!」とお叱りを受ける。

益々カタチにしてみたくなる

ユーザー・ドクター双方が求めているものを知ったスタッフは、どうしても挑戦したくなるものの…雑誌へのハードルは高く、躊躇。聞くだけ聞いてみよう!という軽いノリもあって、プロに聞きに行く。

11月某日 S文化社のアドバイスを頂く

雑誌を発刊する為に必要なお金・人材など話を聞くがチンプンカンプン。しかし、雑誌の広告金額の一覧表を見て、「雑誌の広告って、こんなに高いんだ!」と感銘を受け、なんだかイケそうな気になり即契約する。

2008

2月某日 フリーマガジン・プレ創刊に向けてクライアントにご協力いただく

 

8月25日 フリーマガジン「jineko.net/」プレ創刊号発刊

プレ創刊という形でとりあえず出してみよう!という軽い気持ちで始まったが、いざ発刊するとなると、下手なものは出せない…意を決して、企画を練る!素人ながらも、取材先だけはシッカリしたい!と、全国のドクターの中から、クリニックジネコで評判の良かったドクターに取材申し込み。15名ほどのご協力を頂き、感謝に沸き返る。雑誌を出せば広告料が入って簡単に黒字化するという甘い読みがあったが、世の中そんなに甘くなく、もちろん大赤字。無数の段ボール箱の前で途方に暮れる…。今後、出版を続けるべきか?撤退するべきか?重要な判断を迫られるジネコであった…

10月某日 フリーマガジン継続決定!!

フリーマガジンを読んだ、ユーザーやドクターから、感謝やお褒めの言葉を頂き、有頂天になる。速攻、次の契約を終え、企画を始める。ノリのよさは、今も変わらない。

2009

2月25日 フリーマガジン「jineko.net/」創刊

有頂天になり、創刊号を出すことを決めたが、特に戦略があったわけではなかった…しかしながら、プレ創刊号の出来を見たドクターからご評価を頂き、創刊号は、23名のドクターのご協力、さらにクライアントも多少増える。ここでまた社内は沸き返った。しかしながら…又も赤字。にもかかわらず、ユーザーからの沢山の声に励まされ、何とか継続していくことを固く決意する。その戦略は「頑張る!」。スタッフを後押ししたのは、フリーマガジンを手にしたブロガーさんが情報を拡散してくれたおかげで、段ボールがドンドン減っていくという現象だった。

2010~2014『サポートを受けて…』

2010

7月1日 ジネコリニューアル

フリーマガジンの発刊と共に、WEBとの連動を模索する中で、リニューアル。過去の失敗を糧に、特にユーザーへのヒヤリングと、モニター調査に力を入れた。その結果と、携帯サイトへの対応もあって、アクセス数が急激に伸び始め、月間100万ユニークユーザーを突破。

9月20日 ドクター、コメディカルへの取材件数が1,000件を突破​

フリーマガジンの取材の他に、ユーザーからのセカンドオピニオンにもお答えいただき、取材数が急速に伸びる。これと併せて、セミナーの動画配信も行うが、当時は回線が重く固まってしまったり、喜んで頂けないサービスを提供してしまうこともあった。

10月某日 株式会社メニコン様、コンサルティング契約開始

新規事業部より、眼科領域での技術・素材を生殖医療分野で活かしたい!ということで、コンサルティング契約を締結。良好精子を選択する『スパムソーター』に関する調査のお手伝いが始まる。

2011

11月17日 一般社団法人「婦人科検診促進協会」設立

ドクターからの「もっと早くから婦人科に来てくれていたら、出来ることが沢山あるのに…」という声を受けて、「婦人科検診促進協会」を発足。婦人科へのハードルを下げる活動に従事。この時より、不妊治療以外の取材も積極的に行うようになる。

11月某日 サプリメント開発への一歩

ユーザーからの「どんなサプリメントを飲んだらいいか?」というの質問を英ウィメンズの塩谷先生に取材。取り扱いのサプリメントは既存のものでは一番いいけど、もっといいモノが欲しい…という声を頂く。いいモノとは「もっと安くて、もっと内容量に拘りたい」とのこと。「ジネコさん何とかできない?」の一言に燃える!

メニコンさんに相談

先生の期待を一身に受けメニコンさんに無理難題をお願いする。お答えは、「全力を尽くします!」とのこと。ユーザーさんも喜んでくれたらいいな…と胸躍る。

2012

2月14日 通販サイト「ジネコショップ」(https://www.jinekoshop.com)オープン

プレグナの発表に合わせて、『ジネコショップ』オープン。今でこそ、認知されているプレグナシリーズ。当時は、毎日ご購入いただく数が片手の指でも足りるほど…カレンダーに正の字を書いて管理してました。
3月1日 ジネコプチリニューアル
ユーザーニーズの多様化と、アクセス数の急増によって、広場への投稿が増える。その結果、TOPページに掲載する投稿量を増やさなければ、直ぐに2ページ目に行ってしまうようになる。その改良の為にTOPページのインターフェースを中心にリニューアル。結果は、ユーザー数200万越えの大成功。増えすぎて困っちゃう…という贅沢な悩みが懐かしい。

​9月25日 別冊フリーマガジン「マタニティジネコ」発行

「女性のための健康生活ガイド」として始まったジネコ、「不妊治療」という現象を知ってから偏った内容になりつつあった時期でした。「ジネコは妊娠してからの情報がない!来ちゃいけないの?」という声に応えるために、マタニティジネコ創刊。偏った取材内容に反省。ジネコは、みなさんの「知りたい」にお応えします!!本フリーマガジンもジネコらしく、妊娠中のユーザーさんからの質問に産婦人科のドクターが答えるスタイルで発刊。不妊治療現場から卒業する患者様へ渡していただく配布スタイルは好評だった。このタイミングより、産婦人科への取材も積極的に開始。

2013

6月10日 ドクター、コメディカルへの取材件数が2,000件を突破

9月25日 別冊フリーマガジン「メンズジネコ」発行

「旦那が治療に協力してくれない!」「不妊治療は夫婦で取り組むものなのに…」という声を受けて、ご主人に渡してもらいやすい『メンズジネコ』創刊。不妊原因の半分が男性不妊にある!そんな話も頻繁に耳にし始めるご時世でもあった。予算の関係上、表紙はスタッフの姿を活用。不妊治療クリニックのドクターからご主人へのメッセージシリーズは評判に。夫婦間の温度差の問題は想像以上らしく、発刊後最短で配布終了。スタッフ一同の盛り上がりは過去最高だった。

2014

5月14日ジネコリニューアル

スマートフォン対応と、よりユーザービリティの高いサイト設計を目指し、リニューアル。モニタリングにログ解析を徹底的に行い、成功したリニューアルのひとつと言っていい。この後、アクセス数も月間370万人まで急上昇する。ユーザーからのご指摘にもコマメに対応していった結果と考えている。

9月25日 別冊フリーマガジン「カランタン」発行​

「最近、初診時の年齢が上がっている…」というドクターの声を受けて、高齢カップル向けの『カランタン』を発刊、フランス語で40代という意味。高年齢の不妊治療患者さんの増加という社会的背景もあって、高評価だった。この時のユーザーアンケートの評価を得て、『40代の不妊治療シリーズ』がフリーマガジンで継続企画となった。みなさんの求める取材をしていこう!という方針が益々固まった時期でもある。

2015~2019

2015

1月1日 社名を株式会社ジネコに変更

事業範囲をジネコの運営に絞っていくことを決意し、法人名を変更。

2月7日 事務所を東京都港区赤坂に移転​

この年、正月明けに初出社をすると、上の階からの水漏れがあったらしく、オフィスが水びたしに…「マイナスイオンはカラダにいい!」などと話すも、これを機に引っ越ししよう!と以前からの計画を実行する。

2月23日 フジテレビ「マネースクープ」にて不妊治療の費用について、というテーマで取材協力

3月15日 ドクター、コメディカルへの取材件数が3,000件を突破

2016

「ジネコ」リニューアル

15年間使い続けてきたシステムに限界が来たと判断し、WEBサイト「ジネコ」をシステムからすべて再構築。ユーザーアンケートなど一切取らず、思いつきでリニューアルしたせいもあって、使いにくいという指摘を受け、ユーザーの評判は最悪に。元に戻せ!コールがこだました。

海外の医療事情も取材

海外の不妊治療施設からも問い合わせが来て、フリーマガジンジネコにて取材。海外の不妊情報も徐々に増えてくる。

2017

1月20日 ドクター、コメディカルへの取材件数が4,000件を突破

​3月15日 婚活支援サービス「ジネ婚」開設

「もっと早く不妊の情報を知っておけばよかった」というユーザーの声から、結婚のタイミングで情報提供できれば、と思い立ち婚活サービスを立ち上げるも、ノウハウが全くなく半年でサービス撤退…フットワークは良いのだが、後先を考えないパターンが出た!

5月某日 一般婦人科への取材開始

不妊治療後のユーザーの声を受け、不妊治療施設だけでなく一般婦人科の取材を開始。ビジネス化は出来ていなかったものの、ユーザー、ドクター共にご評価をくださり、喜ぶ。

2018

ジネコセミナー頻繁に行われる

セミナーの需要が増え、全国〇箇所でリアルセミナーを開催。延べ〇人が参加。

11月25日 ドクター、コメディカルへの取材件数が5,000件を突破

12月5日 「ジネコ」リニューアル

前回の失敗を受け、一年間の準備期間を経て、ジネコリニューアル。リニューアル直前に外部の担当者と音信不通になるというアクシデントも有りながらも再スタート。デザイン的に向上したものの、ジネコの内容量とマッチしない、SEO的な劣化など、問題点の残るリニューアルとなった。

2019

2月25日 フリーマガジン「jineko.net/」創刊10周年特別号発刊

お陰様で、10周年を迎えることが出来たフリーマガジン。ユーザーの知りたい!とドクターの伝えたい!を形にしてきた歴史も、いよいよ次のステージへ…これまで、応援してくださった皆様への感謝の気持ちを忘れずに、これからも新しい!より良い!ジネコをお届けできるようにスタッフ一同励んでまいります!厳しいご意見をこれからもよろしくお願いいたします!

7月21日 プレコンフェスタ開催

ジネコ プレコンフェスタin東京を渋谷ストリームホールで開催。351名が参加。

2020年~

2020年

2月25日 フリーマガジンサイズチェンジ!!

何か、ブラッシュアップ出来ることはないのか?協議したところ『大きすぎて持ち歩きにくい』という指摘があり、フリーマガジンのサイズをA4変形からB5変形に小さくする。これが思いのほか好評!なんでもっと早く気付かなかったのだろう???

8月10日 経営理念再構築・リモートワーク化

コロナ禍の中、経営理念を再構築。併せて、リモートワークとすることが決定。スタッフは大喜び。責任感が強いスタッフが多いため、リモートでも問題なく、むしろスピード感を持って会社が回る結果に。経費の削減にもなり一石二鳥!

9月7日 オンラインサロン開始

媒体として、ユーザーの希望をより叶えるためにはどうしたらいいか?考えれば考えるほど、ユーザーの声に耳を傾けること!という答えにぶち当たります。そこで、オンラインサロンを運営し、WEBにフリーマガジンに皆さんの「知りたいこと」を掲載していける体制を整えました。希望の一つである、WEBセミナーも早速開始!

10月1日 新オフィスへ引っ越し
コロナの影響を受けた2020年。世の中にとっても大変なタイミングですが、リモートワーク元年という側面では非常にチャンスなタイミングかもしれません。もともと、福岡オフィスとのリモート体制を構築できていたので、フルリモートへの体制変化も躊躇なく移行できました。そこで、オフィスも小ぶりかつ、機能的に。出社しなくてもいいけど、チョット顔を出したくなるオフィスをイメージしてみました。
経営理念

経営理念 ~ジネコに出会えてよかった~ われわれスタッフは、ジネコに関わるすべての方に、この経営理念を実感していただけるよう、皆様と共に歩んでいきます。 以下にまとめた『ジネコスピリ[…]