不妊と活性酸素の関連をテーマに
「より多く、より良い成熟卵を得るための対ミトコンドリア戦略」を発表された島田先生。
卵胞の成長や排卵の仕組み、酸化ストレスについてお聞きしました。

広島大学大学院    島田 昌之 先生

広島大学大学院島田 昌之 先生

2003年山口大学連合大学院獣医学研究科博士(獣医学)取得。
2004~2005年アメリカ合衆国BaylorCollegeof Medicine客員研究員、
2006年広島大学大学院生物圏科学研究科准教授、
2017年広島大学大学院生物圏科学研究科教授を歴任し、
2018年から現在まで広島大学生物生産学部副学部長、
2019年から広島大学大学院総合生命科学研究科教授と
研究科長補佐を兼任し、現在に至る。

成熟卵を育てるために必要な2つのポイント

島田先生:
若い方は卵胞刺激ホルモンFSHで卵胞が大きく育ち、数も多いため採卵は1〜2回程度で済むことがほとんどですが、大きさが揃わない、数が採れないという方においては、 採卵数を増やすためにFSH製剤を長い期間使い、そのために卵子の質が落ちていくという傾向が見られます。
卵子の質が落ちる理由の一つが、活性酸素の増加。
卵胞は、卵巣内の顆粒膜細胞がミトコンドリアの有酸素運動によって細胞分裂し、その数が増えることで成長しますが、同時に 活性酸素が発生します。

有酸素運動のエネルギーで卵胞を大きくするために酸化ストレスは、必ず高まりますが、バランスが崩れて一定量以上に活性酸素が増えると、顆粒膜細胞が消滅していき、その数が多いと卵胞が成長できずに閉鎖したり、間接的に卵子の質が落ちてしまうと考えられます。
黄体形成ホルモンLHが分泌されない早期黄体化もまた、良い成熟卵がつくれない原因。
これは、卵子と顆粒膜細胞の状態がシンクロできていない時に起こります。

お互いの良い時期を合わせて排卵を促すCG製剤を用いれば、ちゃんと反応して良い成熟卵に育ちますので、採卵数を増やしたければ卵子と顆粒膜細胞の良い時期を合わせること。そして、1個1個の卵胞の質を上げるためには酸化ストレスを抑えた状態にしていくこと。この2つが大事なポイントです。

卵胞の成長を妨げる活性酸素の対処法

島田先生:
若い方なら、自分自身の細胞の中で活性酸素を減らす抗酸化因子をつくれますが、代謝異常の方や年齢が高い方などは自分自身では抗酸化因子を十分にはつくれず、酸化ストレスが一定量を超えてしまいます。
通常、体内でつくられている抗酸化因子の中でもっとも有名なグルタチオンは、グルタミン酸とグリシン、システインというアミノ酸からつくられています。

これらアミノ酸や酵素などが体内に存在していることが大事で、足りない場合は外部から抗酸化サプリなどでサポートします。
抗酸化サプリと聞いて最初に思いつく代表的なものはポリフェノールだと思いますが、これは分子量が非常に大きく、体内にはほとんど吸収されません。

腸内細菌の活性酸素を取り除いて体全体の健康をサポートするという面では良いかもしれませんが、我々がターゲットとしているような卵巣内の卵胞の中の顆粒膜細胞まで届くためには、分子が小さく、なおかつ抗酸化作用がなければなりません。

今回の研究で使ったサプリメントはPQQ(ピロロキノリンキノン)で、胃酸に負けずに通過して腸管で吸収され、血流で体内を巡って 卵巣に届き、卵胞の中の顆粒膜細胞の中のミトコンドリアへ......というふうに、末端まで届いてくれます。これが重要です。

生命を育む卵巣と精巣は体全体のセンサー

島田先生:

きちんと細胞分裂し、大きくてきれいな卵胞をつくるために、今回は活性酸素に注目しましたが、これは不妊要因の一例に過ぎません。

卵巣や精巣は体全体の異常やストレスを感知しやすく、全体の状態が良ければきちんと機能してくれますが、感染症や肥満、ストレス、基礎疾患などがあればうまく機能してくれません。

体を映し出してくれる鏡になっていると感じます。
卵巣や精巣の機能が悪いなら、それ以外の体の状態はどうなのか。
子どもを無事に産み、育てる健康状態を夫婦ともに整えましょうというのが、治療中のすべてのご夫婦に伝えたいメッセージです。