無料で簡単!妊活情報コミュニティ運営会社
株式会社ジネコ

不妊治療助成金制度の復活を!

不妊治療助成金制度の復活への応援コメント

松本レディースIVFクリニック 理事長 松本 玲央奈 先生

<アンケート協力のお願い>
署名と一緒に、厚生労働省及び各地方自治体にアンケート結果を提出します。不妊治療中もしくは不妊治療経験のある方は、まず下記アンケートにご協力ください。


LINEでアンケートに協力する
ジネコのLINEに友達登録後フォームが届きますので、不妊治療費用に関するアンケートにご協力ください。
※すでにジネコの公式LINEに登録している方は、下記にアクセス後「助成金アンケート」とキーワードを入力してください。

◆署名の送付先
 内閣総理大臣、こども政策担当大臣、厚生労働大臣、財務大臣

署名項目
1,各自治体における不妊治療助成金制度の廃止・縮小を反対します。
2,不妊治療に関わる経済的負担を軽減策として、廃止された国の特定不妊治療助成制度の復活を求めます。

<署名協力の方法について>
署名は、どなたでも書いていただけます。
※年齢制限はありません。  

下記手順でお願いします。

LINEでお友達登録をする
ジネコのLINEに友達登録後、メニューの「今月のイベント」→「不妊治療助成金制度の復活を」をタップしてください。
メッセージが表示されるので「【賛同する】オンライン署名する▶」をタップしてください。

オンライン署名 change.org で署名
表示画面の赤いボタン『今すぐ賛同』を押し、表示された画面にフルネームとメールアドレスを記入して再度『今すぐ賛同』を押すと、メールアドレスに返信メールが届きます。その返信メールの中に書かれたURLをクリックすることで、署名が完了します。
アカウントを持っている方は、ログインして『賛同』を押すと署名が完了します。

保険適用で不妊治療助成金制度が廃止され、本来、サポートすべきカップルの負担が増えている!

2022 年 4 月より不妊治療の保険適用が拡大され、子どもを望むカップルが不妊治療を受けやすくなりました。

しかし、保険適用による治療は、女性の年齢や回数に制限が設けらています。この制限を超えて治療を受けようとする場合、すべて自費診療となり高額な費用が必要です。

また、保険適用外の治療や検査が一つでも行われると、その治療に係わる全てが自費診療となります。

その結果、妊娠が難しいカップルは、助成金制度があった保険適用前よりも自己負担が増えるという矛盾が起きています。

特定不妊治療助成制度の復活を国へ求め、自治体にも復活と拡充を働きかけます。

昨年ジネコでは、このような実態を知ってもらうために、治療当事者の声を全国の首長へ届けました。その結果、一部の自治体では助成制度を設けたり助成が拡充されることになりました。

しかし、そのような自治体の数、助成の内容もまだまだ不十分です。

今回、全国でこの不妊治療助成金制度を復活させるために、より多くの署名と当事者の声を国に届けたいと思います。ぜひ、ご協力をお願いいたします。

<アンケート協力のお願い>
署名と一緒に、厚生労働省及び各地方自治体にアンケート結果を提出します。不妊治療中もしくは不妊治療経験のある方は、まず下記アンケートにご協力ください。


LINEでアンケートに協力する
ジネコのLINEに友達登録後フォームが届きますので、不妊治療費用に関するアンケートにご協力ください。
※すでにジネコの公式LINEに登録している方は、下記にアクセス後「助成金アンケート」とキーワードを入力してください。

◆署名の送付先
 内閣総理大臣、こども政策担当大臣、厚生労働大臣、財務大臣

署名項目
1,各自治体における不妊治療助成金制度の廃止・縮小を反対します。
2,不妊治療に関わる経済的負担を軽減策として、廃止された国の特定不妊治療助成制度の復活を求めます。

<署名協力の方法について>
署名は、どなたでも書いていただけます。
※年齢制限はありません。  

下記手順でお願いします。

LINEでお友達登録をする
ジネコのLINEに友達登録後、メニューの「今月のイベント」→「不妊治療助成金制度の復活を」をタップしてください。
メッセージが表示されるので「【賛同する】オンライン署名する▶」をタップしてください。

オンライン署名 change.org で署名
表示画面の赤いボタン『今すぐ賛同』を押し、表示された画面にフルネームとメールアドレスを記入して再度『今すぐ賛同』を押すと、メールアドレスに返信メールが届きます。その返信メールの中に書かれたURLをクリックすることで、署名が完了します。
アカウントを持っている方は、ログインして『賛同』を押すと署名が完了します。

不妊治療助成金制度の復活の署名活動にご賛同頂いた不妊治療施設

署名活動の趣旨にご賛同いただいたクリニックを、順次ご紹介させて頂きます。
(2024年01月26日現在)
★は、現在応援ドクターとして協力頂いている不妊治療クリニックです。

【NEW】01/26 福井ウィメンズクリニックにご賛同頂きました。
【NEW】01/26 厚仁病院にご賛同頂きました。
【NEW】01/26 リプロダクションクリニック大阪にご賛同頂きました。
【NEW】01/25泌尿器と男性不妊のクリニックにご賛同頂きました。
【NEW】01/24 臼井医院婦人科リプロダクション外来にご賛同頂きました。

九州・沖縄

★【福岡県】蔵本ウイメンズクリニック
★【大分県】セント・ルカ産婦人科
【鹿児島県】竹内レディースクリニック

不妊治療助成金制度の復活への応援コメント

いくたウィメンズクリニック 院長 生田 克夫先生

一部大手企業や、一部自治体でも助成金に取り組んでいて、少子化対策の一助になっていると思う。
助成金が広がり、少しでも後悔のない治療に繋がることを期待し、応援します。

<アンケート協力のお願い>
署名と一緒に、厚生労働省及び各地方自治体にアンケート結果を提出します。不妊治療中もしくは不妊治療経験のある方は、まず下記アンケートにご協力ください。

<署名協力の方法について>
署名は、どなたでも書いていただけます。
※年齢制限はありません。  

下記手順でお願いします。

LINEでお友達登録をする
ジネコのLINEに友達登録後、メニューの「今月のイベント」→「不妊治療助成金制度の復活を」をタップしてください。
メッセージが表示されるので「【賛同する】オンライン署名する▶」をタップしてください。

オンライン署名 change.org で署名
表示画面の赤いボタン『今すぐ賛同』を押し、表示された画面にフルネームとメールアドレスを記入して再度『今すぐ賛同』を押すと、メールアドレスに返信メールが届きます。その返信メールの中に書かれたURLをクリックすることで、署名が完了します。
アカウントを持っている方は、ログインして『賛同』を押すと署名が完了します。